耳鼻咽喉科

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは、気道の閉塞などの原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる状態(無呼吸)を繰り返す病気です。いびき、起床時の頭痛、日中の眠気、倦怠感などの症状がある他、高血圧や脳卒中などの循環器疾患、糖尿病などの合併症を引き起こすこともあります。そのうえ、日中の眠気のため、居眠り運転による交通事故などを起こしやすいとも言われています。
しかし、治療法も確立されていますので、適切な検査・治療を行えば決して恐い病気ではありません。下のチェック項目で点数を計算していただき、該当する方は早めに医療機関を受診しましょう。




<このような症状がある方は要注意!>
下の1~8の状況において、それぞれ0~3点の点数を付けてください。合計点数が10点以上の場合は、医療機関への相談や受診をお勧めいたします。


●点数
0点  決して眠くならない 
1点  まれに眠くなる 
2点  1点と3点の症状の中間 
3点  眠くなることが多い 


●状況
1. 座って読書をしているとき
2. テレビを観ているとき
3. 公の場所で座って何もしないとき(例:会議・劇場など)
4. 1時間続けて車に乗せてもらっているとき
5. 状況が許せば、午後横になって休息するとき
6. 座って誰かと話しをしているとき
7. 昼食後(お酒は飲まずに)、静かに座っているとき
8. 車中、交通渋滞で2~3分止まっているとき




睡眠ポリグラフィー検査

睡眠時無呼吸症候群の原因や重症度を調べたり、治療方法などを決定するためには十分な検査が必要です。睡眠ポリグラフィー検査は、睡眠の状態を全体的に調べる検査です。入院していただいて、脳波や心電図、胸部の動き、血中の酸素量などを調べる検査端子を体に取り付けて一晩寝ていただきます。痛みは全くありません。
伊勢原協同病院では、外来で問診や簡単な検査をした後、日程をご相談し、入院して検査を受けていただきます。

治療方法

適切な治療を行うと日中の眠気や倦怠感などの症状がなくなるだけでなく、高血圧・心疾患・脳卒中などの合併症を予防したり、改善することができます。軽症の方は、生活習慣の改善により症状が軽減することもありますが、中症~重症の方はCPAP療法が第一選択となります。



【生活習慣の改善】
軽症の方は、減量や飲酒を控えるなど生活習慣を改善することにより、症状が軽減したり、無くなることもあります。


【CPAP(シーパップ)療法】
鼻マスクを装着して、鼻から気道に空気を送り込み、気道の閉塞を防いで無呼吸をなくす治療法です。送り込む空気の圧力は患者さんの閉塞度合いによって異なりますので、睡眠ポリグラフィー検査とは別にもう一日入院していただき、圧力を決める検査を行います。検査後は適切な圧力値をインプットしたCPAP装置をお持ち帰りいただき、ご自宅でお使いいただきます
 


【 外科的手術 】
気道閉塞の原因がアデノイドや扁桃の肥大など耳鼻科的疾患の場合は、手術による治療となります。


【 歯科装具 】
睡眠時に舌や下あごを前方に固定する装置を装着することで、舌の後方の気道スペースを広げ、気道の閉塞を防ぎます。





受診方法

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療をご希望の方は、耳鼻咽喉科または呼吸器内科をご受診ください。

<耳鼻咽喉科>
月曜~土曜 8:30~11:30
(第3土曜・祝日・年末年始除く)

<呼吸器内科>
月曜~金曜 8:30~11:30
(祝日・年末年始除く)

※代診・休診等が生じることがございます。ご来院の前にご確認ください。

※紹介状をお持ちの方は地域医療連携室までご連絡下さい。
月曜~金曜8:30~17:00 土曜8:30~12:30(祝日・第3土曜除く)

検査入院

【 睡眠ポリグラフィー検査(PSG検査) 】 1泊2日で行います。午後6時30分頃に入院していただき、翌朝は出勤時間に合わせて退院できます。(早朝の退院も可能です)

【 CPAP導入目的の検査 】 通常は1泊2日で行います。PSG検査同様午後6時30分頃入院していただき、CPAP装着トレーニングなどを行い、その後CPAPを装着しながらPSG検査を行いCPAP圧(空気を送り込む圧)を決定します。 翌朝、外来受診後、CPAP装置を持って退院していただきます。 退院後は月に1度、外来受診していただきます。