外科

上部・下部消化管内視鏡検査と治療

内視鏡センター動画「胃・大腸内視鏡検査のススメ」

当院では、毎年上部・下部合わせて4,000件以上の内視鏡検査を行っています。消化器内科医師・外科医師を含むチーム医療でがんなどの病気を早期発見、治療できるよう日々取り組んでいます。動画では、当院の大野副院長、壁島診療部統括部長が検査の特長を紹介しています。


Produced by医療介護動画サイト

当科における上部消化管内視鏡検査(胃・食道・十二指腸)は原則、鎮静剤を用いて、楽に検査を終了する方法を取り入れており、楽に検査を受けて頂くことが可能です。 

また、咽頭の反射が強く口から内視鏡を挿入することが苦手な患者さんの場合は、鼻から細い内視鏡を挿入する方法(経鼻内視鏡検査)も行っています。 

検査中は胃を膨らますことが必要ですが、これが検査後の腹部膨満・嘔気の原因にもなります。当院では空気の180倍の速度で消失する炭酸ガスを使用しており、検査後の腹部膨満も早期に改善し楽に検査を受けて頂くことが可能です。


当院では、より詳細な早期癌診断が可能であるNBI(Narrow Band Imaging)拡大内視鏡検査を導入しており、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医が管理しています。


大腸内視鏡検査 も、原則、鎮静剤を用います。主に、細径内視鏡で軸保持検査を行うため、強い痛みは感じないで検査を受けて頂くことが可能です。
特に、癒着の強く以前の内視鏡検査でつらい思いをされた方には、さらに細い内視鏡、極細径大腸内視鏡(PQ)を使用し痛みの少ない検査を心掛けています。以前つらかった、他院で奥まで内視鏡が到達しなかった方などは、3万件の大腸内視鏡検査経験ある医師が担当します。

また、大腸内視鏡検査の準備で用いる下剤も、以前は当日朝に約2L服用していただいておりましたが、当院は半分量の1Lの下剤で検査を受けて頂くことが可能となっており、つらかった検査前の準備もかなり楽に行っていただくようにしています。 
検査は約2,000件/年(消化器内科含む)で、拡大内視鏡・NBI検査を用いたより正確な早期癌診断を行っております。
十分な検査経験をもつ日本消化器内視鏡学会指導医・専門医が常勤しています。 

当院はポリープ切除に関しても十分な経験を有しています。2012年4月より、大きなサイズの早期癌も内視鏡で切除する新しい治療法内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)が保険適応となりました。お腹を切らずに治すことができるので、体の負担が少なく治療を行うことが可能です。大腸ESDは、高難易度の治療方法であり厚生労働省からの認可をうけた限られた施設でのみ行うことが可能です。

2005年より大腸ESDに取り組んでおり、多くの実績を有しています。

胃の内視鏡検査と大腸内視鏡検査は同じ日に連続して行うことが可能です。
お忙しい方など土曜日1日で両方の検査を行うことをご希望の方は、外来でお申し出ください.

 

<上部消化管内視鏡検査>

水曜日午前                  若林大雅          水曜日午後      壁島康郎

木曜日午前                  気賀澤悠          木曜日午後      西岡道人

土曜日午前                  柏木浩暢

 

<大腸内視鏡検査>

水曜日午後                 壁島康郎

木曜日午後                  西岡道人

土曜日午前                  壁島康郎