臨床研修プログラム責任者からのメッセージ

臨床研修を始める予定の皆さんへ

研修責任者

JA神奈川県厚生連
伊勢原協同病院外科
乳腺外科担当部長 柏木 浩暢

 当院の初期臨床研修の特徴は、病院の規模や指導医の数に対して研修医数を制限したプログラムを提供していることです。それは、研修医がきめ細かい研修を受けることができる環境を目指しているからです。また、基幹型に加えて協力型プログラムの研修医も在籍しており、異なった背景を持つ研修医が混ざり合い、刺激のある研修環境を経験することができます。

 地域の中核病院として、内科・救急部門・地域医療などの必修科、外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科の選択必修科の診療、研修指導体制が充実しています。さらに、整形外科をはじめとして外科系各科においても充実した研修が可能です。

 なお、当院は二次救急指定病院であるため、自院での救急医療の研修に加えて、救急救命などについては、三次救急病院である東海大学医学部付属病院または済生会横浜市東部病院へ出向し、研修するプログラムとなっています。また、選択科目は自分の希望にあった領域について、特に配慮したプログラムを組むことが可能です。

 伊勢原協同病院は、在籍する常勤医師の数も大学病院に比べると少ないものの、かといって研修医に任せっきりになるほど少なくありません。病院の雰囲気もとてもアットホームで学びやすく、丁寧に教えてくれる指導医が多く在籍しています。そのような環境が整っていることを皆さんにまず理解していただくためにも、病院見学をおすすめしますがこれは必須ではありません。広く、全国から研修医を公募しており、社会人経験者の先生がほぼ毎年採用されるなど、学閥はありません。

 自分の目指すべき道についてしっかりと学べる伊勢原協同病院で、医師としてキャリアをスタートしてみませんか?