臨床研修医募集 平成26年度新病院OPEN 新病院であなたのキャリアをスタート!!

地域中核病院での豊富な症例・豊富な経験
内科・外科系24時間救急体制、小児科地域二次輪番制
研修医数が少人数だからこそできる親密な指導方法

私たちの研修の特徴は、病院の規模に対して研修医数を制限したプログラムを提供していることです。研修医がきめ細かい研修を受けることができる環境を目指しているからです。基幹型に加えて協力型プログラムの研修医も在籍しており、異なった背景を持つ研修医が混ざり合い、刺激のある研修環境を経験できます。

内科・救急部門・地域医療などの必修科、外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科の選択必修科の診療、研修指導体制が充実しています。また、整形外科をはじめとして外科系各科においても充実した研修が可能です。

当院は2次救急指定病院ですが、自院での救急医療の研修に加え、救急救命など3次救急病院として東海大学医学部付属病院または済生会横浜市東部病院へ出向し、研修するプログラムとなっています。また、選択科目は自分の希望にあった領域について、特に配慮されたプログラムを組みます。

研修指導のあり方として三つのスローガンがあります。

Man to man 研修医に指導医がいつもついているように。これは指導医の監督下、その下級生が指導にあたる瓦屋根方式も含みます。
At the front 研修医の能力に応じて最前線の現場にどんどん出させる。
Tailor made 研修医の適正、意欲に応じて独自の研修をしてもらう。
関連大学および指導医の出身校は慶應義塾大学、東海大学、北里大学、杏林大学、横浜市立大学などです。後期臨床研修先として当院の各科を選べる以外に、これら関連大学およびその関連病院を推薦することが可能です。