患者さん・ご家族の安全対策

患者さん・ご家族の安全対策

当院では患者さん・ご家族の方にもリスクマネジメントに参加していただいております。

患者さん・ご家族が安心して安全に受診・療養されますように、留意点についてまとめましたので、ご覧いただき、ご理解とご協力をお願いいたします。

わからないことは、そのままにしないで聞きましょう
質問事項をあらかじめ紙に書いておきましょう

  • 診断・検査・治療などでわからないことは、主治医または看護師にお聞きください。
  • 質問をあらかじめ紙に書いておくと便利です。
  • 人体の構造や働きは非常に複雑です。疾患によっては、説明書に、わかりやすく図を書いて説明することもあります。

できれば二人以上で説明を聞きましょう

  • 入院中の主治医からの説明は、患者さんお一人でなくできればご家族といっしょにお聞きください。ご家族が別々の時間に来院され、それぞれが説明をお求めになることはお控えください。
  • 主治医からまとまった説明をお聞きになりたいときは、ご希望の日時を看護師にお伝えください。主治医に連絡し、説明日時の予約(アポイントメント)をとります。

意思表示は明確にしましょう

  • 輸血に関する希望、宗教的なこと、ドナーカード、人工呼吸器の使用など、意思表示がある場合は 明確に表示してください。
  • 救命医療が最優先されます。その中で患者さんご自身の意思表示が明確かつ有効な場合は、そのご意見を尊重いたします。患者さんご自身の意思表示が不明のときは、ご家族の希望をお聞きします。

セカンドオピニオンについて

  • 入院中または退院後に「主治医の説明だけでなく、他病院の医師の意見も聞いてみたい」ということがありましたら、主治医または看護師にお伝えください。紹介状を作成します。必要時、画像のコピーをお渡しする事も可能です。

身内に医療関係者がいるとき

  • 身内に医療関係者がいらっしゃる場合、遠慮して隠す必要はありません。身内の医療関係者の方が専門的な立場で質問・意見などをお話しても構いません。
  • 身内の方の病院に転院を希望される場合は、遠慮なくお伝えください。

かかりつけ医との協力、開放型病床の利用

  • かかりつけ医がいらっしゃる場合は、お伝えください。今までの処方内容をお聞きすることもあります。かかりつけの医師と相談されて、開放型病床(オープンベッド)を利用することも可能です。

患者さんの氏名の誤認・点滴や投薬の誤り・左右の誤りを防ぐ。輸血の事故を防ぐ

  • できる限り患者さんご自身から名前をお伝えください。点滴ボトルや内服薬などに患者さんご自身の名前が書いてあるかどうかご確認ください。
  • 手術前に、患者さんご自身かご家族の方は、リストバンド・点滴ボトルの氏名などをご確認ください。
  • 輸血のときは、患者さんご自身の血液型・氏名をできる限りご確認ください。輸血の前後に体調不良がありましたら、主治医・看護師にお伝えください。

転倒・転落などの危険防止

  • 患者さんの状態・疾患によっては、転倒・転落の危険が生じることもあります。危険が予測される場合は、付き添いなどご家族の協力をお願いすることがあります。また、必要に応じてベッドの工夫、薬剤の投与、安全帯使用等の危険防止対策を行います。

他科受診の希望

  • 病院内の他の診療科を受診したいときは、主治医・看護師にお伝えください。必要性や緊急性を考慮して、主治医が他科受診依頼を行います。退院後に他科受診をしていただくこともあります。

不安がある、痛みがひどい、苦しいとき

  • 遠慮なく主治医・看護師にお伝えください。できる限り対応します。ただし、薬の投薬量には限度があることや、病態によっては投薬できない場合があることをご理解ください。
  • 不安の内容によっては、他の医療機関を紹介させていただくこともあります。

院内感染防止

  • 発熱・咳・下痢・吐気・嘔吐の症状のある方は面会をご遠慮ください。
  • 面会の際は、病室入り口に設置してある擦り込み式のアルコール製剤で手を消毒してください。目に見える汚れがある方やアルコールでかぶれる方は、流水と石けんで手を洗ってください。
  • 咳やくしゃみが出るときは、ティッシュで口元を押えるか、マスクを着用してください。
  • 生花や鉢植えは細菌の温床となる可能性があるため、鉢植えは全病棟(緩和ケア病棟は除く)、生花はICU病棟(HCU)、4西病棟、7東病棟のみ持ち込みを禁止させていただきます。

病棟の特徴を知る

  • どこの病棟に入院しているのか、病棟の特徴をしっかり把握してください。
  • ご面会に来られる方にも病棟をお伝えください。

面会時間と面会者

  • 面会の方はナースステーションにお申し出の上、面会簿にご記入下さい。
  • 面会時間は4西病棟・ICU病棟を除き平日午後2時~午後8時までです(土日祝日午前11時~午後8時)。4西病棟・ICU病棟に入院の際は面会時間をご確認ください。
  • 病棟は診察・検査・治療・処置・療養の場です。大勢での面会や長時間の面会はお控えください。また、同室の方・ラウンジにいらっしゃる他の方にもご配慮ください。
  • 患者さんの診察・処置等の時は、ラウンジでお待ちください。

患者サポートセンター

  • 患者サポートセンターでは、医療ソーシャルワーカー(MSW)が社会福祉制度、経済的な問題、他の医療機関・施設への紹介などについて、相談・援助を行っています。
  • 入院および外来で「不明・不安・不満なことがあり、相談にのってほしい」ということがありましたら、患者サポートセンターで担当者(アドボカシー担当看護師)がお話しを伺います。
  • 「皆さまの声」の投書箱を院内に設置しております。病院や職員に関するご意見などをご投函ください。

患者さん・皆さんの安全確保

  • 医療従事者は患者さん皆さんの安全確保を考えて対応しております。患者さん・ご家族の方もご自身の 安全に留意していただき、他の患者さんにもご配慮をお願いいたします。

携帯電話について

  • 病院内ではマナーモードにしてください。通話される場合は、院内指定の場所でお願いします。それ以外の場所での通話は禁止させていただきます。
  • 通話中は、周囲の方の迷惑にならないように着信音や声の大きさにご配慮をお願い致します。病棟での通話は、ラウンジ、デイコーナー、電話ボックスのみです。できるだけメールをご利用ください。
  • ICU病棟・血液浄化センター・手術室での使用は出来ませんので、電源をオフにしてください。

その他

  • 病院に貴重品をお持ちにならないでください。お手回り品については充分にご留意ください。
  • 病院内で不審者を見かけられましたら、病院職員にすぐにご連絡ください。
  • 迷惑行為を認めた場合には、診療および施設利用を不可能と判断させていただく場合があります。

伊勢原協同病院 病院長