泌尿器科

診療案内

泌尿器科では、患者さんの望まれる最良で最適な医療を迅速に提供することを診療の基本方針としています。頻尿・排尿困難・血尿などの排尿に関する異常だけでなく、健診や人間ドックでの血液検査や超音波検査・CT・MRIなど画像検査に関する異常などに対して、泌尿器科専門医が診察し、患者さんの希望や生活の質(QOL)を重視したうえで、できる限り低侵襲な方法で治療しています。

従来からの尿路結石に対する体外衝撃波結石破砕手術だけでなく、腎臓がんや腎孟・尿管がんに対する腹腔鏡下手術、前立腺肥大症や尿路結石に対するレーザー内視鏡手術など、さまざまな低侵襲治療法を積極的に取り入れて、患者さんのQOLを改善し、健康長寿に貢献いたします。


※日本泌尿器科学会の認定病院
※慶應義塾大学、臨床研修病院


泌尿器科では、一般社団法人National Clinical Database(NCD)の手術・治療情報データベース事業に参加しています。

NCD