脳神経外科

診療案内

<診療体制>
脳神経外科外来では頭痛や頭部外傷に対する診察をおこない、MRIなどの検査で診断を行っています。現在、常勤医師一人での体制であるため、脳卒中、重症頭部外傷など患者さんの入院治療には対応しておりません。ご了承ください。


<脳と脊髄疾患>
手足のしびれや運動麻痺などの症状がある場合、脳卒中や脳腫瘍などの病気の場合もありますが、頚椎や腰椎などの脊椎の病気、また両方を持ち合わせている場合もあります。従来の脳神経外科と整形外科の二つの外来を右往左往される患者さんも時に見られます。脳と脊髄を含めた全中枢神経を専門としている脊髄外科専門医による問診や診察から両疾患を見極め、診断と治療方針を決められるのが当脳神経外科の特徴です。副部長の中村の外来でご相談ください。


<脊椎脊髄疾患>
脊椎脊髄の病気については当院整形外科の脊椎担当医と共にチーム医療を行っており、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎圧迫骨折、頚椎症、後縦靭帯骨化症、頚椎椎間板ヘルニア、脊椎腫瘍、脊髄腫瘍などほとんどの脊椎脊髄の病気の診療と治療が出来ます。病状に応じて身体に負担の少ない顕微鏡手術や脊椎固定術など多彩な治療が可能です。

また手術治療の前に投薬治療、ブロック治療を試みます。肥満気味の方が腰椎疾患を患う場合は減量や生活指導でも症状が大幅に軽減する場合もあります。手術に限らず病状に応じて診察と診断の上、治療を検討して参ります。


※中村医師の外来では、英語圏の患者さんの診療にも対応しております。


医師紹介

中村 聡 (なかむら さとし)
役職  脳神経外科診療副部長兼脊椎脊髄センター副部長
出身大学  昭和大学 (東京女子医科大学脳神経外科入局)
所属学会・団体 日本脳神経外科学会 日本脳神経外科コングレス
日本脊髄外科学会 日本脳卒中学会 日本脳神経外科同時通訳団
アメリカ脳神経外科学会国際会員(AANS)
ヨーロッパ脳神経外科学会(EANS)国際会員
認定医・専門医 日本脳神経外科学会専門医 日本脊髄外科学会認定医 脊椎脊髄外科専門医
経歴
1992年医師国家試験合格
東京女子医科大学 脳神経センター 脳神経外科入局
1993年埼玉県済生会栗橋病院 脳神経外科 医員
1997年戸塚共立病院 脳神経外科 医員
1999年東京労災病院 脳神経外科 医員
日本脳神経外科学会 認定医
2001年愛知医科大学 脳神経外科 医長(spine fellow)
2002年東京女子医科大学 脳神経センター 脳神経外科 助手
2003年米国アイオワ大学 医学部 脳神経外科 工学部生体工学科 客員准教授
2004年米国オハイオ州立大学 医学部 分子生物学・免疫学・遺伝学科ポスドク研究員
2007年横浜旭中央総合病院 脳神経外科 副部長
2008年東京女子医科大学 東医療センター 脳神経外科 医局長
2009年日本脊髄外科学会 認定医
2010年国際医療福祉大学三田病院 脊椎脊髄センター 講師
2012年同 准教授
2017年国際医療福祉大学 医学部 脳神経外科 准教授
2017年11月現職


非常勤 横田 和馬

非常勤 和田 裕千代


非常勤 重松 秀明

非常勤 広田 暢夫