呼吸器内科

診療案内

肺がん、間質性肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、呼吸器感染症、睡眠時無呼吸症候群などの診療を行っています。(誤嚥性肺炎は内科全体での診療となっております)


<施設認定>
日本呼吸器学会認定施設
日本呼吸器内視鏡学会認定施設
日本アレルギー学会アレルギー専門医準教育研修施設


主な疾患

肺がん/悪性胸膜中皮腫他:主に気管支鏡による診断、化学療法(いわゆる抗がん剤)、疼痛緩和を主体に行っています。当科は、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬の経験も豊富で、希少変異に対する投薬経験も有しております。胸膜中皮腫や悪性腫瘍が疑われ、診断の難しい方には、局所麻酔下胸腔鏡も行っております。放射線や手術の必要な方には紹介も行っております。肉腫などに関しても治療を行っております。(化学療法治療実績は、下記を参考)緩和ケア科との連携も特徴のひとつです。(慢性呼吸不全の項目も参照ください)


間質性肺炎(他のびまん性肺疾患):診断、治療を行っております。気管支鏡による診断のほか必要な方には神奈川県立循環器呼吸器病センターでの外科的生検のご紹介により他院での確定診断が難しい方にも対応しております。また、抗線維化薬、在宅酸素などの調節も行っております。(慢性呼吸不全の項目も参照ください)また、手術のできない気胸を発症した方には、慎重に検討したうえで*EWSも行っております。


気管支喘息:呼気NO試験、肺機能検査、アレルギー検査などを中心に診断を行っております。治療は、吸入薬、内服薬、治療薬(オマリズマブ、メポリズマブ、ベンラリズマブ、デュピルマブ)などの薬物療法をはじめ、難治性ぜん息には、気管支サーモプラスティも行っております。当科では、他施設への指導(プロクター)を行っている医師も在籍しており、当院及び聖隷横浜病院の気管支サーモプラスティの全てに立ち会っています。
*気管支サーモプラスティは保険適応を有する内視鏡による治療です。治療適応を慎重に検討した上で行っております。(BT治療情報サイトhttp://www.btinfo.jp/


慢性閉塞性肺疾患:一般的な診断・治療を行っております。また在宅酸素療法やNPPVなどの導入も行っています。また、手術のできない気胸を発症した方には、慎重に検討したうえで*EWSも行っております。(慢性呼吸不全の項目も参照ください)


呼吸器感染症:慢性肺アスペルギルス症や非結核性抗酸菌症などに対する診断・治療を行っています。(慢性呼吸不全の項目も参照ください)


慢性呼吸不全:上記などにより呼吸不全を合併された方に対して、日本リハビリテーション学会リハビリテーション専門医、慢性呼吸器疾患認定看護師、嚥下担当看護師などとも連携して治療を行っています。


睡眠時無呼吸症候群:予約外来となり、午後外来を中心に行っています。こちらは、大学病院の先生の支援を得て行っています。(専門的な判断を要する方は、地域医療連携室を通して専門近隣施設をご紹介いたします。ご了承ください。)

*EWS: endobronchial watanabe spigotを用いた局所麻酔下気管支内視鏡による気管支充填術です。


2017年度診療実績

*気管支鏡検査126件
〔TBLB/TBB(ガイドシース)、BAL、EBUS-TBNA、気管支サーモプラスティ、EWS、局所麻酔下胸腔鏡〕
*気管支サーモプラスティ導入指導(県外他施設 呼吸器内科) 1施設
*化学療法 218件(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬を含む)
*学会発表 2017年2月 日本呼吸器学会関東地方会

2018年度診療実績

*気管支鏡検査131件
〔TBLB/TBB(ガイドシース)、BAL、EBUS-TBNA、気管支サーモプラスティ、EWS、局所麻酔下胸腔鏡〕
*気管支サーモプラスティ導入指導(県外他施設 呼吸器内科) 1施設
*化学療法 417件(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬を含む)
*学会発表 2018年11月 日本内科学会関東地方会
      2019年2月   日本呼吸器学会関東地方会(1演題目)
      2019年2月   日本呼吸器学会関東地方会(2演題目)

2019年度診療実績

*気管支鏡検査 148
〔TBLB/TBB(ガイドシース)、BAL、EBUS-TBNA、気管支サーモプラスティ〕
*化学療法 集計中]件(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬を含む)
*学会発表 2019年4月 第59回  日本呼吸器学会学術集会 (総会)
      2019年4月  第116回 日本内科学会総会 (1演題目)
      2019年4月  第116回 日本内科学会総会 (2演題目)
      2019年7月 第42回  日本呼吸器内視鏡学会学術集会(総会)ランチョン講演
      2019年7月 第44回  関東農村医学会学術総会
*論文発表 

Nivolumab-induced fulminant type 1 diabetes with precipitous fall in C-peptide level. 
Miyauchi M, Kashizaki F, et al. J Diabetes Investig. 2020 May;11(3):748-749. doi: 10.1111/jdi.13143.Epub 2019 Oct 6.

Bronchial aspergillosis following bronchial thermoplasty. 
Kashizaki F, Sekido Y. QJM. 2020 Mar 20:hcaa101. doi: 10.1093/qjmed/hcaa101. Online ahead of print.


2020年度診療実績

*気管支鏡検査 [集計中]
〔TBLB/TBB(ガイドシース)、BAL、EBUS-TBNA、気管支サーモプラスティ〕
*化学療法 [集計中]件(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬を含む)
*学会発表  2020年6月 第43回 日本呼吸器内視鏡学会学術集会(総会:紙面開催)
       2020年10月  第69回 日本農村医学会学術総会(総会:WEB発表)
                       2021年2月 日本呼吸器学会関東地方会(優秀演題賞)

*論文発表
Response by Kashizaki to Letter Regarding Article, "Bronchial aspergillosis following bronchial thermoplasty". 

Kashizaki F, Sekido Y. QJM. 2020 Apr 8:hcaa116. doi: 10.1093/qjmed/hcaa116. Online ahead of print.

Dabrafenib-trametinib combination therapy re-challenge in advanced BRAFV600E-mutant non-small-cell lung cancer.
Kashizaki F, Tanaka A, Hattori S, Sugimoto S. Eur J Cancer. 2020 Dec 2;143:31-32. doi: 10.1016/j.ejca.2020.11.002. Online ahead of print.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33278771/



共著
A prospective, randomized, open-label trial of early versus late favipiravir in hospitalized patients with COVID-19.
Doi Y, Hibino M, Hase R, Yamamoto M, Kashizaki F, Kondo M, et al. Antimicrob Agents Chemother. 2020 Sep 21:AAC.01897-20. doi: 10.1128/AAC.01897-20. Online ahead of print.Antimicrob Agents Chemother. 2020. PMID: 32958718 Free article.
https://aac.asm.org/content/early/2020/09/16/AAC.01897-20.long

 

 

専門技術を学びたい医師の方へ

当科は、様々な大学から先生が集まっており、医局を意識することなく、働ける職場です。

呼吸器内科医師募集:
呼吸器専門医などの資格をとり、臨床の現場で生かしたいという方にお勧めです。当科は、呼吸器専門医取得後の若手医師にも十分にスキルアップできる環境を提供します。希望者には、呼吸器指導医や呼吸器内視鏡指導医取得までサポート可能です。2019年度より様々な臨床試験や研究に参加しています。臨床現場で働きながら専門技術により磨きをかけたい方にお勧めです。希望される方は、こちらへご連絡ください。

後期研修医募集:
当科は、アットホームで個人指導ができる環境を作っています。呼吸器疾患全般に関するトレーニングはもちろんですが、気管支鏡検査では、一般的な手技に加え、EBUSなどを用いた診断、気管支サーモプラスティによる治療も経験できます。また採取した組織の観察や定期的な抄読会、学会発表なども行います。呼吸器専門医を取得したいが、実臨床診察の中で取得したい方や大病院での長期研修が難しい方などにお勧めと思います。
*新専門医制度に移行するため、研修に関しては、研修計画の相談が必要となります。