血液内科

診療案内

血液内科では、各種の貧血や造血器悪性腫瘍、特発性血小板減少性紫斑病などの血液疾患を扱っています。造血器腫瘍では、治癒が期待できる症例に対しては積極的治療を行うとともに治癒が難しい症例でも、症状を和らげQOL(生活の質)をあげるために化学療法を行うことも意義深いものと考えています。

 


主な疾患
貧血:血液中の赤血球/ヘモグロビン濃度が減少している状態です。貧血を引き起こすさまざまな病気がありますので、原因を調べて治療を行います。

 


急性骨髄性白血病:急性骨髄性白血病は、病状の進行が速いため、急に症状が出現する場合が多く、早期の診断と速やかな治療の開始が重要です。また、治療法は全身の状態、年齢、合併する他の病気の有無などに加え、患者さんの希望を考慮しながら決めていきます。

 


骨髄異形成症候群:骨髄異形成症候群は、3種類の血液細胞(赤血球、血小板、白血球)の大もとになる造血幹細胞に異常をきたす病気です。血液細胞が減少し、正常に働かなくなるため、さまざまな症状があらわれますが、症状がないまま健康診断の血液検査で見つかる場合もあります。

 


悪性リンパ腫:悪性リンパ腫とは血液がんの1つで、白血球の中のリンパ球ががん化したものです。治療は、化学療法と放射線治療を中心に行います。治療効果が十分でない場合は、さらに強い化学療法や造血幹細胞移植などが必要となります。

 


多発性骨髄腫:血液細胞の1つである「形質細胞」のがんです。治療は患者さんの体の状態、効果と副作用のバランスを考慮し、分子標的薬や細胞障害性抗がん剤ステロイドなどを組み合わせて治療を行います。

 


特発性血小板減少性紫斑病:血小板数が減少し、出血しやすくなる病気です。ピロリ菌の感染により発症する場合もあるので、ピロリ菌の検査を行うことがあります。

 


後期臨床研修医募集
神奈川県西部~静岡県東部までのエリアでは血液内科を標榜し、その病床を有する病院は少ないため、東海大学病院・血液腫瘍内科およびその関連病院と密な連携を維持しながら治療を行っております。また、院内には外来化学療法センターがあり、化学療法の治療も多数行っています。当該エリアの血液疾患の患者さんがより良い環境で適切な医療を受けれれる事を目標にしています。
見学も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。募集要項はコチラ