回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟とは

一人ひとりのライフステージに応じ、一日も早い機能回復をサポート

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは、急性期治療の状態が安定し最も回復が見込まれる時期に、集中的にリハビリをしてご自宅への退院を目指す病棟です。

医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・薬剤師・管理栄養士・社会福祉士 等の各種専門職が協力し、在宅復帰を目標としたリハビリテーションプログラムを作成し、これに基づくリハビリテーションを専門的に行います。

当院では、受診患者さんはもちろん、近隣病院からもリハビリ目的の患者さんを受け入れ、地域医療のニーズに対応した診療ができるよう取り組んでいます。

大切にしたいことは「患者さんやご家族の思い」です。
一人ひとりの退院後の生活を共に考え、機能回復だけでなく、〝生活の質〟に満足できることも目標に掲げます。


主な回復期リハビリテーション病棟入院適応疾患

医療法により、回復期リハビリテーション病棟に入院できる疾患や期間が定められています。当院では、人工透析を受けられている患者さんも受け入れております。

1、脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷等 発症又は手術日から60日以内
2、高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷の発症または手術後から60日以内
3、大腿骨、骨盤、脊椎、多発骨折等 発症又は手術日から60日以内
4、外科手術又は肺炎・心不全等による廃用症候群 発症又は手術日から60日以内
5、大腿骨、脊椎等の神経・筋・靭帯損傷 受傷から30日以内
6、股関節又は膝関節置換術後から30日以内
  • ※入院期間については、医師の判断のもと患者さんの回復状態などによって異なります。
  • ※重度の合併症がある場合、ご希望にお応え出来ない可能性もございます。

「365日対応」

1日1~3時間の機能回復訓練、質の高い環境のリハビリを「365日」提供いたします

当院では、一日も早い在宅復帰に向けて365日、質・量の両面からフォローアップしてリハビリテーションを実施しています。

365日対応


回復期リハビリテーション病棟のご案内パンフレットPDF

回復期リハビリテーション病棟のご案内パンフレット

退院後も安心できる在宅支援

「してもらう」から「自分でやる」へ

関連施設である「介護老人保健施設 ほほえみの丘」「居宅介護支援事業所(ほほえみの丘内)」「JA訪問看護ステーションいせはら」「JAデイサービス センターはだの」他の医療機関と積極的に連携し、 安心した自宅での生活・ 社会復帰早期実現を目指していきます。 また、在宅復帰・社会復帰に向け、地域の訪問看護師・ケアマネージャー・包括支援センターと連携し、退院調整を図ります。

介護老人保健施設 ほほえみの丘
介護老人保健施設 ほほえみの丘