整形外科

脊椎脊髄センター

当院では、脊椎脊髄疾患の治療を専門に行う脊椎脊髄センターを新設し、整形外科・脳神経外科が診療科の垣根を越えて患者さんの治療にあたっています。

 


代表的な脊椎脊髄疾患

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎圧迫骨折、頚椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症、頚椎椎間板ヘルニア、脊椎脊髄腫瘍、変性後側弯症などほとんどの脊椎脊髄の病気の診療と治療に対応しています。

治療

薬物療法やブロック療法などの保存療法や生活習慣の指導で改善を図ります。それでも改善がなく、生活に支障がある場合は、必要に応じて手術治療を行います。病状によっては顕微鏡手術や脊椎固定術などの治療が可能です。

整形外科と脳神経外科

骨や関節の治療は整形外科領域として扱われ、中枢神経である脊髄は脳神経外科医が手術治療を行っていることが多く、受診する際にもわかりづらいことがありました。当院では整形外科医と脳神経外科医が一つのチームとして脊椎脊髄の病気に取組んでいます。

生活習慣病の管理

脊椎脊髄の病気の方で肥満の方や糖尿病の方には、減量と血糖コントロールを指導しています。特に腰椎の病気をお持ちの方は、減量で腰の負担が減り、症状軽減に繋がる事があります。

※他の病院で脊椎手術を行っている患者さんの外来リハビリ及び外来での経過観察は、原則として当院では行っていません。

手術実績

  2019年度2018年度2017年度
頸椎脊柱管拡大術233830
前方固定745
後方固定235
前方+後方固定-13
胸椎椎弓切除221
後方固定術1011
前方+後方固定000
腰椎椎弓切除、開窓術1008655
ヘルニア摘出術343420
後方固定術5794105
前方固定術-13-
脊髄腫瘍453
BKP(セメント固定術)15103
内視鏡下ヘルニア摘出術2-2
側弯矯正1--
前方+後方固定10--
分離固定術-11
その他脊椎手術1410-
合計281302234

外来のご案内

診察希望の方は紹介状を持参のうえ、受付時間内に整形外科外来をご受診ください。

整形外科受付時間:月~土曜8:30~11:30
休診日:日曜、祝日、第3土曜日