外科

そけいヘルニア(脱腸)

そけいヘルニア(脱腸)

こんな症状はありませんか?

1.そけいヘルニアとは
「そけい
(鼠径)とは、太ももの付け根の部分のことをいいます。
ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
つまり、「そけい(鼠径)ヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腸などの一部が、皮膚の下に飛び出てくる病気です。
一般に、「脱腸」と呼ばれている病気です。 中年以上の男性に多く見られ、中でも、立ち仕事をしている人や便秘症・肥満気味の人に多いと言われています。


2.手術の必要性
そけいヘルニアは手術でないと完治はしない病気です。疼痛や違和感を改善させるとともに、嵌頓による緊急手術や症状の重篤化を回避します。

3.手術の内容
ヘルニアの原因となっているヘルニア嚢(袋)の切除もしくは還納を行い、同時に腹壁の穴も塞ぎ、腸が出てこないようにします。

4.手術をしないでいると、起こりえること
無治療で経過を見る場合は、ヘルニアは徐々に増大し違和感・疼痛が悪化する可能性が考えられます。また、突然脱出した腸が筋肉の穴でしめつけられ戻らなくなった状態(嵌頓(かんとん))になる可能性があります。

腸が嵌頓を起こすと激痛が生じます。さらには、腸に血液が流れなると腸が腐り(壊死)、命に関わる場合もあります。


 

5.術後経過(予定)
通常の経過では手術翌日より飲水、食事を開始し、術後1-2日目で退院可能となる見込みです。日帰り手術も可能ですが、一般に手術当日は、傷の痛みが強く感じられる場合もあり、夜間でも痛み止めの注射がいつでも可能である入院治療をおすすめしています。

6.腹腔鏡下手術について
そけいヘルニアの手術法の一つに、腹腔鏡を使用して手術を行う方法があります。我々は、本邦でも早期である1997年からこの方法を導入してきました。
腹腔鏡下手術では、従来から行われているお腹を4-5cm切開する手術と異なり、お腹に小さな穴を3ヵ所程度あけます。そのうちの1つの穴から腹腔鏡を入れてお腹の中を観察して、ヘルニアの穴を見つけて治療をしてきます


腹腔鏡下手術の利点

 ・傷あとが小さく痛みが少なく、日常生活に早く戻れる。

 ・ヘルニア発生部位が左右の2ケ所にあっても同時に治療できる。

 ・症状が出ていない小さなヘルニアの見落としが少ない。



一方で、腹腔鏡手術は「全身麻酔が可能な患者さん」という条件があります。

当院では患者さんの希望や患者さんの身体の状態などから、従来法か腹腔鏡下手術かの適切な手術法を選択するようにしています。手術に関しては担当医師とご相談ください。

はじめに掲げる症状をお持ち方やそけいヘルニアでお困りの方は、
外科 初診外来:月曜~土曜日(第3土曜日、祝日を除く)をご受診ください。