薬局

薬局

当院薬局の業務体系は外来・入院調剤業務、病棟業務、がん薬物療法関連業務を含む製剤業務、薬品管理業務、医薬品情報業務、治験業務の6業務部門で構成されています。医薬品の専門家である我々薬剤師は医薬品の有効性と安全性を保証する医薬品適正使用の観点から医師、看護師や他の医療技術部門と協力し、多くのチーム医療に積極的に参加することにより、医療の質の向上に貢献し、安全で効果的な薬物治療を提供できるよう日々業務に取り組んでいます。また、当院薬局では薬剤師のスキル向上のため専門薬剤師・認定薬剤師取得のための支援を積極的に行っています。

TDM業務

薬の中には、有効な治療域が狭いものがあります。十分な治療効果を得られ、かつ副作用が出現しないよう、用量調節する必要があります。そのため、薬物治療モニタリング (TDM)を実施しています。当院では、抗MRSA薬やアミノグリコシド系薬を使用する、すべての症例に対し積極的に介入し、抗菌薬の適正使用に貢献しています。


注射薬調剤業務

各病棟で使用する注射薬を注射処方箋に基づいて注射薬自動払出装置(アンプルピッカー)を用い患者さん毎に取り揃えています。投与量や投与経路、配合変化、相互作用などが適正かどうかを確認し、安全に使用できるよう注射薬個人セット業務を行っています。


このページの先頭へ戻る

一般製剤業務

一般製剤業務は、特定の疾病・症状に合った「くすり」が市販されていない場合など、医師の求めに応じて、当病院内だけで使用することができる薬(院内製剤)として調製しています。その中には、内服薬、吸入薬、軟膏等があります。


このページの先頭へ戻る