臨床工学室

臨床工学室

臨床業務内容

ここでは、呼吸管理業務・病棟透析に加えIPV療法、RFA、RI検査、ESWLといったさまざまな治療の場に関わり、機器の操作や医師のサポート、各部署内にある機器の保守管理を行っています。


【血液浄化・シャントPTA】

急性血液浄化業務では急性腎不全・敗血症等の患者さんに対し、ICU・病棟などのベッドサイドで持続的血液濾過透析(CHDF)・エンドトキシン吸着・血漿交換・血液透析(HD)などを行っています。当院は365日24時間、オンコールにて対応できる体制をとっています。

業務内容としては、治療の準備・開始・治療中のチェック・終了(返血)までの一連の操作を行っています。治療について医師や看護師と連携し、話し合いながら治療を行っています。他にも消化器や婦人科医師の依頼によりCART(腹水濾過濃縮再静注法)の実施や、シャントPTAの立会いも行っております。


【循環器】

循環器業務では心臓カテーテル業務やペースメーカー外来などの業務を行っています。

◯心臓カテーテル業務(虚血性心疾患関連)
狭心症、心筋梗塞などでカテーテル検査・治療が行われる際、臨床工学技士は検査・治療で用いられるデバイスの準備、IVUS(血管内超音波診断装置)、FFR(冠血流予備量比)の記録・計測操作、IABPや体外式ペースメーカーの操作などを行っています。


<ペースメーカー業務>

  1. 植込み・電池交換
    ペースメーカーの植込み・電池交換時にはアナライザ、プログラマーの操作を行っています。
  2. ペースメーカー外来
    毎月第二・第四月曜日の午後にプログラマーを用いて、電池残量、ペースメーカーの作動状況、リード線の状態、ペースメーカーの設定の確認を行っています。
  3. ペースメーカー植込み患者さんの他科検査・手術立ち会い
    電気メスを使用する検査・手術で、ペースメーカーに影響を与える可能性のある治療時にはペースメーカーチェックを医師の依頼に応じて行っています。その他、緊急チェックにも対応しています。

<RI負荷心筋検査>

RI負荷心筋検査に立ち会い、12誘導心電図のセットアップやエルゴメーターを操作し検査がスムーズに進行するよう行っています。


【呼吸器】

臨床工学室では、人工呼吸器の貸出・返却・点検業務を行っています。人工呼吸器使用中は病棟を巡回し1日1回以上の使用中点検実施や、装着・搬送・設定に関する臨床サポート業務・人工呼吸器回路交換等も行っています。呼吸器などの使用中点検はモバイルを用いることによって点検内容をデータ管理しています。また、看護師や研修医等を対象に人工呼吸器の基礎や実技などの勉強会を行い、安全性の向上に努めています。呼吸管理についてそれぞれの立場から意見を交わし、よりよい呼吸管理ができるよう活動に携わっています。その他の呼吸療法としてIPV療法があります。IPV(Intrapulmonary Percussive Ventilator)と呼ばれる機械を用いて、分泌物の流動化、分泌物排出作用の活性化、酸素化改善を目的とした、呼吸療法を行います。


【泌尿器】

 ESWL(体外衝撃波結石破砕術)とは、体外から衝撃波を当てて結石を小さく破砕します。それを尿から排泄し除去する治療法です。

このESWLに立ち会い、結石破砕装置のセッティングや治療レポートの作成・バイタルサインの測定などを行っています。


【消化器】
  1. RFA業務
    消化器ではRFAと呼ばれる経皮的ラジオ波焼灼療法業務に携わっています。
    治療中は医師の指示のもと出力変更やポンプなどの機器操作を行っています。
  2. 腹水業務
    病棟で採取された腹水はMEセンターで処理します。
  3. 膵石破砕
    前述した結石破砕装置を用い、膵石を破砕する治療の立会いを行います。

このページの先頭へ戻る

【点検機種】

400INSUFFLATOR、AcuPulseCo2レーザー、CARESCAPEベッドサイドモニター、滅菌洗浄装置、ビデオシステムセンター、高輝度光源装置、VulcanEASシステム、タニケットシステム、ベアハッガー、ホットライン、ライカ手術顕微鏡、高速気腹装置、手術用電動ベッド、電気メス、麻酔器、無影灯、医療ガスアウトレット、コクーンコントロールユニット、リガシュアー、ホルミウムレーザー、ファイバーウレテロノスコープ、NAVIGATORバッテリーパック、手術室内視鏡トロリー、硬性鏡、先端湾曲ビデオスコープ、カメラヘッド、ファイバーウレテロノスコープ、ホプキンスⅡテレスコープ、ホプキンス腎盂鏡、ライトガイド、光学視管、腹腔・胸腔ビデオスコープ、膀胱尿道腎臓総胆管ファイバースコープ


このページの先頭へ戻る